南中野中学校で授業を行う。

家庭科の授業で赤ちゃんの発達について単元があり、中野みなみ保育園へ体験にくることになっており、その事前学習として保育士さんによる授業を行いました。

体験学習は、保育園の受け入れの「きまり」により、残念ながら実施できませんでしたが、

10月17日、「赤ちゃんの心と身体の育ち」について、中野みなみ保育園の乳児責任者が、

中野区立南中野中学校で中学校3年生の3クラスで授業をしました。

IMG_8579

 

授業_8582

自己紹介を兼ねて、どうして保育士さんになりたくなったのか、赤ちゃんのイメージや泣く赤ちゃんへの接し方として、あやすことや「身体の発達」、「食事について」赤ちゃんの様子や発達についてお話しをしました。

まとめとして、赤ちゃんとふれあってみたいという気持ちになったらうれしいこと、発達の道筋は、個人差はあるがみんな同じ、中学生の皆さんも赤ちゃんの時代があり、大切に育てられてきている等、伝えました。

こういう機会をいただいたことは、保育士にとっては発達や自分たちの取り組んでいることの再確認ができたのではないでしょうか、そして、一番驚いたのが、中野みなみの卒園児がおり、保育士も名前を覚えていたことでした。次は、卒園児が職員として働いていただけるかもしれません。

授業の機会をいただいたこと、授業を聞いてくれた生徒さんに感謝いたします。私自身、保育士さんが、子どもたちのことを考えながら接していることが再確認でき、いい機会だったと思います。発表、お疲れさまでした。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です