若松 のすべての投稿

らいおん組

おはようございます。

今日は、らいおん組の最後の調理保育です。

目標「卒園までに朝ごはんメニューが作れるように」

今日はその目標を達成させる日。

保護者の皆様にはエプロンの用意などでご協力いただきありがとうございました。

育児講座

3

2017.2.1(水)

本日は、育児講座にお越しくださり、ありがとうございました。

お子様の様子をお聞きしながら、大勢で楽しく過ごせたひとときでした。

さて、ご質問のありました軟飯の作り方ですが、

~おかゆの種類と作り方~

【お米から炊く場合】

10倍がゆ  米1:水10 (5~6ヶ月くらい)

全がゆ    米1:水 5(7~8ヶ月くらい)

硬がゆ   米1:水 4(9ヶ月くらい)

軟飯     米1:水 3(9ヶ月くらいから)

<作り方>

①米をといで分量の水に浸けて、30分くらいおく。

②鍋フタをして強火にかける。煮立ったら火を弱めてそのままふきこぼれないように注意し、40分から1時間ほど炊いて10分蒸らす。(米の量が少ない場合はやや早めに炊き上がる。)

【鍋でご飯から作る軟飯】

<作り方>

鍋にご飯50gと水50CC入れて強火にかける。煮立ったら弱火にして、10分ほど煮て火をとめる。10分蒸らしたらできあがり。

【レンジでご飯から作る軟飯】

茶碗に50gのご飯と大さじ3杯の水を入れ、電子レンジで約1分10秒加熱する。(ラップは軽めにかける。加熱後10分くらい蒸す。)

そのほか、ご必要なレシピがありましたら、ご連絡ください。また、アップいたします。

 

 

 

 

 

 

 

ひとりでむけるよ!

0歳児クラスより

毎回、保育士が目の前で果物をむいていたら

自分でむけるようになりました。

現在は、1歳を迎え、

果物大好きな子はひとりでむいておいしそうに

食べています。

%e3%81%aa%e3%81%8e%e3%82%86%e3%81%86

%e3%81%bf%e3%82%86%e3%82%86%e3%81%84

子どもたちがよりいろいろな食べものを食べられるようにとの

願いから、月日をかけて行ってきた食育です。

目の前でむいた時の色や香りが直接感じ食べる果物は

むいてある果物を提供するより、食べがとても良いです。

 

きりん組(4歳児)クラス 調理保育

園庭の畑でピーマンがとれたので、

本日の献立に出るなすも加え、

「ピーマンとなすの炒め物」を作りました。

私がフライ返しの持ち方を見本で示したら、T君が

「バイクの持ち方と一緒だ。」と言いました。

素敵な発言です。何かに置き換えて今あることと

重ね合わすことができたのです。

これからもどんどんそういった能力を

引き出していきたいです。

食に関わる楽しくいことをたくさん行い

いろいろなものを食べられる

機会を作っていきます。

1

2

3

4

みんなで「おいしくなあれ」と願いを込めて

炒めた野菜を味見をしてみます。

6

「おいし~い!!」

「もっと食べたいな!!」

「おかわりください!!」

と、言ってました。